元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
フェイスライン、くっきり! b.glen小顔クリーム

バイオジェルネイル

近年急速に広まっているジェルネイル。アクリルの合成樹脂が水飴状になったものに紫外線を当てて固める技法です。
それに使用するジェルは様々あります。その中のバイオジェルを使ったものをご紹介します。ネイルサロンによって使う所と使わない所があるので事前に調べておきましょう。
バイオジェルはジェルネイル中で人気の高まっているジェルネイルです。



バイオジェルネイル⇒この先を読む
posted by 美容の法則 記録の細道 at 15:15 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルジェルネイル

カルジェルネイル
美容の法則 エステ《小顔 まつ毛 ネイル編》

近年急速に広まっているジェルネイル。アクリルの合成樹脂が水飴状になったものを、紫外線を当てて固める技法です。それに使用するジェルは様々あります。その中のカルジェルを使ったものをご紹介します。
ネイルサロンによって使う所と使わない所があるので事前に調べておきましょう。
カルジェル――Calgel――はジェルネイル中で人気のあるジェルネイルです。ソークオフジェル、ソフトジェルと呼ばれる柔軟性のあるジェルに分類されます。

カルジェルネイル⇒この先を読む
posted by 美容の法則 記録の細道 at 05:14 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェルネイル「爪」

ジェルネイル「爪」
美容の法則 エステ《小顔 まつ毛 ネイル編》


ジェルネイルのレシピブック (DIA COLLECTION)

ジェルネイルのレシピブック (DIA COLLECTION)

  • 作者: 荒川 あり
  • 出版社/メーカー: ダイアプレス
  • 発売日: 2009/07/23
  • メディア: 単行本



最近注目を集めているジェルネイル。そのネイル――日本語では漢字で「爪」について学術知識を紐解いてみましょう。


ジェルネイル「爪」⇒この先を読む
posted by 美容の法則 記録の細道 at 12:38 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイプとジェルネイル

スカイプとジェルネイル
美容の法則 エステ 小顔 まつ毛 ネイル

付け爪として2006年ころから急速に広まったと言われる、ジェルネイル。その他の付け爪について、ご紹介します。
特殊なアクリルで出来ている通称「スカルプ」。スカルプチェア、アクリルネイルとも呼ばれます。パウダー状のものと、リキッドとを結合させてジェル状にして爪の形を作ります。フォームと呼ばれるシール状の土台を使い、人工爪の長さを作ることをスカルプチェアといい、この技法の名称となったようです。ジェルネイルも同じ技法を使うので区別するために、アクリルネイルという呼ばれ方もあります。パウダーにはラメやクリアといった装飾性のあるものもあります。これを使ってネイルアートを楽しむのです。
アクリルは紫外線で黄ばみます。このためその付け爪も黄ばんでしまいます。臭いがあり、悪臭と感じる人も多いのです。また、下準備として甘皮を削ります。何度もスカルプをすると爪が薄くなってしまいます。また、つけて2週間ほどすると欠けたり、折れたりします。伸びた爪との境目も出来ます。これは見た目がきれいでない上に、人口爪が浮いた部分に水が入ってカビの原因ともなったりします。
手入れが多少難しいので、自分にあったサロンを探すことも視野に入れる必要があります。
付け爪技法には他に市販されているネイルチップをつけるだけのものもあります。これも装着前には爪を整えておく必要がありますが、スカイプほど手がかからない代わりに独創性は含めにくいものです。
季節や服装、何より自分に合わせたお洒落の一つとして、付け爪を楽しんでみましょう。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 美容の法則 記録の細道 at 16:01 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェルネイルのジェル

ジェルネイルのジェル
小顔マッサージ

装飾付け爪として注目著しいジェルネイル。使用されるジェルについてご紹介します。
ハードタイプとソフトタイプに先ず分類されます。
ハードタイプはその特性が強さと硬さに重点が置かれています。それゆえにあまり一般的とはいえません。長い人工爪を作るのに使われます。その特性の裏返しとして、柔軟性がありません。衝撃に弱く、折れたり、欠けたりします。透過性はありません。カビへの注意が必要です。
また定着を良くするため、下準備として爪表面を削り、定着補助のための酸性液を塗る必要があります。取り外しは削ることで行います。溶液に溶けないのです。巧くやらないと自分の爪すら削ることになってしまいます。そのため爪への負担が大きいです。
ソフトタイプは良く使われるものです。ソフトタイプはソークオフジェルとも呼ばれ、そのさらに分類化して、カルジェル、バイオジェル、ジェラッカーと分けられます。柔らかく、それも段階をつけて作られているので硬いタイプのものもありますが、それでも柔軟性があります。ありすぎで人工爪の作成が不可能なものもあります。硬いタイプのものは人工爪の作成が可能です。透過性の高いものが多いです。ただ、トップコートを必要とするものもあります。色もハードタイプよりは多いとされています。下準備はツヤをとる程度で、酸性液は必要ありません。取り外しも、専用溶液で溶かすことが出来ます。ものによってはかなり値が張ります。





お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 美容の法則 記録の細道 at 14:42 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。