元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事
フェイスライン、くっきり! b.glen小顔クリーム

カルジェルネイル

カルジェルネイル
美容の法則 エステ《小顔 まつ毛 ネイル編》

近年急速に広まっているジェルネイル。アクリルの合成樹脂が水飴状になったものを、紫外線を当てて固める技法です。それに使用するジェルは様々あります。その中のカルジェルを使ったものをご紹介します。
ネイルサロンによって使う所と使わない所があるので事前に調べておきましょう。
カルジェル――Calgel――はジェルネイル中で人気のあるジェルネイルです。ソークオフジェル、ソフトジェルと呼ばれる柔軟性のあるジェルに分類されます。

そのため人工爪の作成は3ミリ程度が限界です。ですので、日常生活においても邪魔に感じることは少ないのです。
透過性を持ち、蒸散作用があります。蒸散作用とは爪から発散される水分をジェルの層を通過させ得る、ということです。これがあればカビを心配する必要はありません。
自爪と隙間が出来にくいのも大きな特徴です。素材も他のものより爪に優しいものです。また、長持ちするジェルです。
溶解性があるため、専用の溶液を用いて除去します。専用のトップコートを週に1回程度の割合で定期的に塗るなど、メンテナンスが必要です。紫外線に反応して黄ばんでしまう恐れがあるためです。ジェルによってはトップコートやメンテナンスが必要ないものもあります。それに比べれば、この点で手間がかかるし、金銭的にもやや割高になってしまいます。
下準備としてツヤをとる程度に爪の表面を削りますが、ごく少なくてすむところも爪に優しいとされる理由の一つです。




posted by 美容の法則 記録の細道 at 05:14 | Comment(0) | ジェルネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。