元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事


 

小顔グッズ




小顔になれる?え!?美顔器が【980円】【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?
momobgyoko.JPG

小顔グッズ
美容の法則 エステ《小顔 まつ毛 ネイル編》

最近、小顔に対する意識が強いせいかあらゆる小顔グッズや方法などが雑誌やネット、テレビなどで紹介されていると思います。情報量が多すぎて分からなくなるくらい紹介されている場合もありますよね。

フェイスアップローラー

フェイスアップローラー

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


特に小顔グッズなんかは小顔ローラーや小顔バンドなどさまざまなものが発売されており、ネットなんかで検索すると何を選んだらいいか分からなくて選べないくらい沢山の商品がヒットされてきます。
小顔を意識する世代としては、小顔になって自分に自信をつけておしゃれや恋などを思いっきり楽しみたいと思うことだと思います。
冬場は厚着もするので服のボリュームで小顔に見えたりしてカバーできたりもしますが、夏場は薄着になるので顔の大きさもそのままでてしまうことになりカバーできなくなります。
ですから小顔マッサージや小顔体操などをしてみたり、小顔ローラーなどを使って顔のリンパを刺激してみたりして老廃物を流すようにしてみてスッキリしたフェイスラインを得るといいと思います。
早い人だと、2週間ほどで効果が目に見えるようになるのではないでしょうか。

エアーリフトアップ小顔ベルト

エアーリフトアップ小顔ベルト

  • 出版社/メーカー: ニーズ
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品


また小顔ローラーなどの利点としては両手を使わなくていいので何かをする片手間にできるとかの簡単さ、利便性ではないかと思います。

まだまだ今からでも小顔を目指してみても遅くはないと思います。
マッサージや体操、エクササイズだけだとちょっと不安だなと感じるのであれば、一度小顔グッズの方も試してみてはいかがでしょうか。


小顔体操・美肌体操―いつでもどこでも1回10秒で磨かれる

小顔体操・美肌体操―いつでもどこでも1回10秒で磨かれる

  • 作者: 勝山 浩尉智
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 単行本




posted by 美容の法則 記録の細道 at 13:34 | Comment(0) | 小顔グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脂肪吸引による小顔

たるみ解消、横顔すっきり! b.glen小顔クリーム   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

脂肪吸引による小顔
美容の法則 エステ《小顔 まつ毛 ネイル編》

1分顔上げ骨気(コルギ)メソッド―たるみがなくなる!小顔になる!顔の形が変わる! (レタスクラブMOOK)

1分顔上げ骨気(コルギ)メソッド―たるみがなくなる!小顔になる!顔の形が変わる! (レタスクラブMOOK)

  • 作者: 林 幸千代
  • 出版社/メーカー: 角川SSコミュニケーションズ
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本


顔が大きいとか太っているとか小顔になりたい理由というのはさまざまあると思いますが、頬やアゴなどが太っている場合は脂肪が原因で大きくなっている場合もあります。
それを解消して小顔になる方法として脂肪吸引という方法があります。これは整形手術のひとつになりますが、直径数ミリという金属製の管(カニューレ)を使用して皮下脂肪を吸引するという方法になります。
脂肪吸引は頬やアゴなどの顔だけでなく主にお腹やお尻、太ももなどの脂肪吸引として知られているのではないかと思います。
顔に行う脂肪吸引は顔の目立たない場所、例えば耳の後ろなどにメスを入れて小さく傷をつけます。そこからさきほど紹介したカニューレを挿入して脂肪を吸引するといった方法を取っています。
この方法で頬やアゴの脂肪をとることができ、フェイスラインもスッキリすることができるので顔全体が引き締まって見えて小顔になれるということになります。
手術時間は比較的短いのですが、手術後、はれたりむくんだりする場合がありますので元に戻るには術後1週間ほど見ていればいいのではないかと思います。
しかし、いくら小顔になりたいからと脂肪を取りすぎてしまうとバランスもおかしくなってしまいますので、よく担当医の方と相談した上で手術してもらうことをおすすめします。
また、料金やアフターケアなどの点も手術をお願いする前にカウンセリングでちゃんと聞くようにしておくことも大事となります。



posted by 美容の法則 記録の細道 at 12:26 | Comment(0) | 美容整形による小顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まつ毛エクステをして印象を変えてみませんか?

まつ毛エクステをしてみると目の印象がガラッと変わる事になります。現在流行っているまつ毛エクステをするとまつ毛が短いとか、まつ毛の量が少ないとかまつ毛に関わる悩みを解消する事が出来る上に、悩みが無い人でもボリュームをアップさせる事が出来たり、目元の印象を変える事が出来たりします。
少し前まで行われていたまつ毛エクステと言うのは自分のまつ毛を数本(3〜4本)位、束にしてエクステを付ける様な手法を取っていました。メリットとしてはアイメイクが強調されるような印象になりますのでそう言うのが好みの方は良いと思います。
しかしデメリットとしては一つエクステが取れてしまうとそこだけ歯抜け状態になってしまうので不自然な印象を与える事になってしまいました。

しかし今のまつ毛エクステの技術では自分のまつ毛1本に対してエクステを1?2本位付ける様にしてありますので全体で40本以上のエクステを付ける様な事になります。
ですからいくらか抜け落ちたとしても以前と違い不自然さを与える事は無いと思います。

まつ毛エクステ自体の耐久度ですが、これには個人差があります。また使用度にもよると思うのですが目を擦ったり、目をうつ伏せにしたりして寝たりするとまつ毛エクステが取れやすくなってしまって耐久度も落ちてくるようになります。

またまつ毛エクステをする事により、まつげパーマで実現させていたようなカールも実現できますし、色もボリュームも付ける事が出来る為に印象がガラッと変わると言うメリットがあります。


posted by 美容の法則 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | まつ毛エクステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔になるために

小顔になりたいと願っている人は大勢いると思います。
そういう人たちのためにも小顔の基礎的な知識をご紹介してみたいと思います。

まず小顔になるために大切なことは生活を見直してみることです。なぜ小顔と生活が関係するのかと言うと、小顔ではないと言うことは顔が太ってしまったとか大きくなってしまったとか言うことになりますが、その原因は生活の中から出ているものだと思います。
その生活の中での原因を突き止めないことにはいくらマッサージや小顔体操をしたとしても、リバウンドしてしまったり、全く効果が現れなかったりすると思います。
では生活の中での原因と言うのはいったいどういうことがあるのでしょうか。
例えば寝不足が挙げられます。寝不足だと代謝機能低くなるために血液循環も悪くなります。そうなると冷え性になってしまったり体がむくんでしまったりの原因になってしまいます。

次に頬杖をついたり足を組んだりすると骨格が歪んでしまうことがあり、そこに脂肪がついてしまう結果になってしまうことになるのです。

ちょっとした心の持ちようで以上のようなことは改善していけると思います。

また、顔の筋肉を鍛えるためにも話をしたり、笑ったりして表情筋を鍛えていくのもいいですし、ご飯を食べるときにちょっと意識して噛む回数を増やしてみるのも効果があると思います。

以上のようなことを続けるだけで小顔だけでなく、健康な身体も手に入れることが可能だと思います。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 小顔マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まつ毛エクステを美しく仕上げる為には

美しくまつ毛エクステを仕上げる為にはまつ毛エクステを専門で行っているエステサロンなどに行くのが良いと思います。
その方が自分の好みに合わせて色んな形にまつ毛を仕上げる事が出来ますし、それに見合った技術を要していると思います。
まつ毛のエクステンションをしたいと言う人の中には、自分のまつ毛が短くて嫌と言う人とか、自分のまつ毛の量が少なくて嫌とか言う人もいると思います。
そう言った人がまつ毛エクステをすると、まつ毛のボリュームアップが自然に出来ると思いますし、長く出来る様になると思いますし悩みが解消できると思います。
その上、マスカラやアイライン等をしなくても、まるでした様な感じでぱっちり出来ると思いますのでとても良いと思います。
またまつ毛エクステは自分のまつ毛に直接接着して付けていくので自然な仕上がりを期待する事が出来ますし、目元がぱっちりした好印象の目元を印象付ける事が出来ます。
更にまつ毛エクステを一度すると、まつ毛が抜けるまで持続出来るので大体1〜2か月位は持つと思うので経済的だし、その間美しいまつ毛が実現できると思います。
しかしそれも正しく使ってこそだと思います。乱暴に扱ってしまうとより早く抜け落ちてしまいますので、優しく扱う様にしましょう。
まつ毛エクステを付ける量ですが、一般的に言って大体両目で100本前後が普通なのではないかと思います。
それだけ付けるとゴージャス感溢れるまつ毛が美しく演出出来る様になると思いますよ。



posted by 美容の法則 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | まつ毛エクステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔になるための基礎知識【姿勢】

小顔になりたいと女性であれば誰もが願うことだろうと思います。そこで小顔対策をするときにきちんとした小顔になるための基礎知識と言うものを知っておくだけでより効果を高めることが出来ると思います。

では、小顔になるための基礎的な知識として姿勢を正しくするということが関係するということをご存知でしょうか。姿勢と小顔には深い関係性があることが分かっています。
なぜ正しい姿勢と小顔が関係あるのか分かりますか?

私たちの日常生活の行動から見て、体を前に曲げたり片一方の方に重心を置いたりしている姿勢が多いために、背骨が曲がってしまったり首が前に出てしまったり横にずれたりしてしまいがちになります。そうなると体も当然歪んできてしまいますよね。

体が歪んでくると血行が悪くなり肩凝りや頭痛、腰痛を引き起こしたり肌がたるんだりむくんだりして体や顔を老けさせてしまう原因になってしまいます。
たるんだ顔はフェイスラインもボケてきてしまうためにどうしても老けた印象を与えてしまいます。ですから正しい姿勢を保つ必要があるということになるのです。

では簡単に正しい姿勢を作るコツをご紹介します。まずはお腹に力をいれ両足の裏全体に体重をかけるようにして立つようにします。
また上半身は胸を開くようにして立ちアゴは少し引きます。これだけで正しい姿勢を保つことができます。

普段の生活から姿勢を正していけるよう意識し、小顔を実現できるようにしていきましょう。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 小顔になるための基礎知識【姿勢】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔痩せして小顔に

小顔になりたいと思っている方は大勢いると思います。しかしやみくもにいろんな事をしても成功はしません。ですからある程度の知識を得ておくことが必要となります。

小顔になるための基礎知識として顔痩せのことについて知っておくことも大切です。
なぜ小顔になるために顔痩せの知識が必要なのかと言うと、体型を痩せさせるための全身ダイエットと違う点もあったり、同じ点もあったりするからです。

こういった経験をしたことはないでしょうか?ダイエットをしてみて身体は痩せたのに顔だけ痩せないとか、顔だけ痩せて身体は痩せないとか。

ダイエットの敵である余分なお肉と言うのはあまり動かさない部分に対してついているものです。
顔の筋肉と言うのもあまり動かさない部類に入ります。結果的に余分なお肉が顔についてしまうことになり、たるんだりむくんだりしてしまうということになります。
ですから顔を痩せさせるためには顔の筋肉を動かして鍛えていくような感じの運動やマッサージが必要になるということになります。
また全身のダイエットと共通して言えることですが、正しい食生活と規則正しい生活を心がけることが大切になります。栄養のバランスが取れた食生活や、睡眠不足にならないような生活リズムなど健康に関しても気を付けるようにしていくことで健康的に痩せることができます。

このように顔痩せの知識をきちんと把握することが小顔になるための近道になるのではないかと思います。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 顔痩せして小顔になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔のマッサージというのは!

小顔のマッサージというのは小顔になるためにはやっておきたい物だと思いますよね。しかしその前に顔のむくみについてお話したいと思います。顔のむくみとかたるみというのはリンパの流れが滞っていることによって起こります。
体が太ったから顔も太る、顔が太ったから体も太るというのは違うということを知っていただきたいのです。それはメカニズムが違うからなのです。

ちょっとアゴを引いてみてください。二重アゴになっていないでしょうか。もし横から見てみて二重アゴになっていたら、小顔マッサージが必要かもしれません。原因となるのはむくみが原因ですが、マッサージによってリンパの流れを解消させてスッキリさせることで二重アゴも解消できるかもしれません。ですからちょっと効果を確かめてみてはいかがでしょうか。

【首のマッサージ】
1.鎖骨の上にくぼんでいるところがありますが、そこを横に10回ほど撫でます。
2.指をアゴの下にあてて、耳の後ろまでもって行き、そのまま鎖骨のところまで撫でておろします。
3.1?2を5回ほど繰り返しましょう。

【顔のマッサージ】
1.唇の下の部分を下に向かって引っ張ります。5回ほど行いましょう。
2.小鼻の横の部分を下に向かって引っ張ります。5回ほど行いましょう。
3.ほっぺを横にい引っ張ります。5回ほど行いましょう。
4.おでこを上に向かって引き上げます。5回ほど行いましょう。
5.眉をこめかみに向かって撫でましょう。5回ほど行いましょう。
6.目をこめかみに向かって撫でましょう。5回ほど行いましょう。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 小顔マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整体で小顔矯正

小顔にする方法として整体にいって小顔にするための矯正という方法があることをご存知でしょうか?

顔と頭にある骨の構造ですが15種類で23個の骨が存在し、それぞれが関節によってつながれています。これに筋肉がついているわけですがこの骨組みのバランスが崩れてしまうと顔が歪んでしまったり、たるんでしまったりしてしまいます。ですから常に骨と筋肉のバランスを保って調整していかなければいけません。そこで小顔の矯正という方法が有効利用できるわけです。

まず矯正を行う前に顔が歪んでしまっている原因となっている方法を探ります。生活習慣からきているもの、食生活からきているもの色々あると思いますが原因を探ることがまず大切になります。

矯正自体は大体1?2時間くらいで終了しますが痛くはないです。リラックスした状態で施術を受けることができるのですが、費用がちょっとかかってしまうのが痛いかなという感じです。だいたい6万円位はかかりそうなので施術を受ける機関にきちんと確認を取った上で受けるようにしてください。

また小顔をするために矯正をすることで、筋肉が引き締められて脂肪がおちる可能性もあったり、むくみが改善されて疲労が改善されたり、血行がよくなるために頭痛が無くなる様になったりとメリットもたくさんあります。

しかしその裏で難点もあります。矯正は1回ではすぐに元に戻ってしまう可能性もあるために続けて施術する必要があるということです。そのたびにお金がかかってしまうことになるので大変になります。そのためにも原因を探り改善していくことが大切になります。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 整体で小顔矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔体操をやる前に!

小顔になるための方法として自宅で行う体操やマッサージなど色々あると思います。これをやることも大切ですがそれを行う前に日常生活の中でも小顔になれる方法というのがあるのです。それというのはご飯を食べるときです。ご飯を食べるときには両方の歯を使ってしっかりと噛むということ。これが大切なのです。

これで両方のアゴの筋肉のバランスを取りながら鍛えることができるので二重アゴやたるみを解消していくことができるということになります。
またゆっくりご飯を噛んで食べることで満腹中枢が刺激されてダイエットにも効果的だと思いますので。是非実行してみてください。

では以上のような事を踏まえた上でより効果があがるように小顔体操をご紹介してみたいと思います。

まず「あいうえお」という発音を声に出しながら思いっきり口を開けて発音するようにしてみましょう。また早くやるのではなく、一言発音するたびに10?15秒ほどの時間をかけるような感じでゆっくり発音してみましょう。これをやることにより表情筋を鍛えることが出来てたるみや二重アゴを解消することができて小顔になれるかもしれません。

また、別な方法としては口を閉じた状態で右目を閉じ、右の口の端を思いっきりあげて5秒間その状態のままとまります。次に逆も行います。これを左右1セットで5セット行うようにしてみてください。

以上のような体操を行うときにはできれば鏡の前で、確かめながらやるようにするようにすると意識も違うし効果が現れると思います。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 小顔体操をやる前に! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットをして小顔になるということ

ダイエットをすれば顔も痩せて小顔になるのじゃないかと思いますが、まずはダイエットをする前に顔のダイエットと体のダイエットは違うということを知っておいてください。

ダイエットをして顔痩せを実現させるためには、エクササイズやマッサージをして筋肉を鍛えたり、老廃物を流したりすることが大切ですが、このためにはきちんと筋肉や骨の作りをきちんと理解しておく必要があるのです。

市販のトリートメントクリームなどを使って老廃物などを排出した後に、整体やエクササイズを行うと相乗効果にて小顔効果が得られる可能性が高いです。

また他に小顔効果を得るならば超音波を使って行うのもいいと思います。超音波は毎秒100万回という振動を顔に与えることにより、肌に刺激が与えられ血流もよくなるためにむくみやたるみも解消される可能性があるためにスッキリとしたフェイスラインが得られると思います。

さらに大事なことはきちんとしたクレンジングと洗顔を行うことです。きちんと汚れを日々落とすことで老廃物も排出しやすくなったり、肌トラブルも防ぐことができたりするのでよりマッサージとかの効果を上げることが出来ると思います。

上記のことから考えてみてもきちんと肌のお手入れをすることがとても大切になってきます。それをすることで美顔や美肌となり小顔になっても美しい小顔でいられるのだと思います。
また、外側からも内側からもケアすることで健康的に痩せることができます。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | ダイエットをして小顔になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔にボトックス

小顔にするための方法としてはマッサージとか体操とか色々ありますが、ボトックスという方法があることをご存知でしょうか?

ボトックスというのは何かというと顔の表情を作っている筋肉、いわゆる「表情筋」に対して効果がある働きをしているものでこれによって筋肉を使ってエラの張っているところに対して力を加えて小顔にするというような効果が得られます。

ボトックスというのはどうやって顔に作用を働かせるかというと注射が一般的に使用されているものです。施術時間というのは非常に短くて10?20分程度で完了します。即効で効果が現れるというものではなくて2週間?1ヶ月位かけて徐々に現れるということになると思います。施術後直後はすぐ化粧をしても大丈夫ですので安心して日帰りで帰ることができると思います。

ただし、注意しなければならないのはこの効果は永遠に続くわけではなく、一般的に序属する期間は数ヶ月位だといわれています。ですから小顔を維持するためにボトックスを使うのであれば定期的にボトックス注射を施術する必要があるということになります。

また筋肉の働きを弱めてエラの筋肉を抑えるのでたまに違和感があるかもしれませんが、徐々になくなってくるそうなので安心してください。

気になるお値段ですが病院によって費用設定が違うので一概には言えませんが、大体5?10万円程度と言った所だと思います。
ボトックスを行うときにはきちんとカウンセリングを行って、納得した上で受けるようにしましょう。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 小顔にボトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔に見える化粧方法

顔を小顔に見せる方法としては色々なものがあると思いますが、その中にメイク術と言うのがあります。

そのメイク術を学ぶ前に大切な事があります。それは基礎化粧品です。まず化粧水を充分肌になじませた上で乳液をつけて保湿すると言ったような形をとることがまずは大切になります。

次に化粧の下地クリームはちゃんと付けるようにすることで化粧のノリも変わってくると思います。
ではまずファンデーションから、使うのはできればリキッドファンデーションの方がよいです。これには顔の陰影を付ける効果があるのです。

まずは目の下のところに逆三角形に叩き込んだり、アゴの下あたりに叩き込んだりします。これによって顔の高い部分が強調されることになるので、立体的に見えるようになります。

もちろんファンデーションは部分的にだけでなく全体的にも必要で、上記以外の部分に肌に合う色のファンデーションを塗るようにしましょう。注意する点はアゴの部分には少しだけ肌より黒いものを使うことです。これであごが引き締められたような感じになり小顔に見えるようになると思います。
次にアイメイクですが、目を大きく見せることで目に視線が集中しますので小顔に見えるようになるようです。
アイラインを引き、マスカラを付けるようにして、白っぽいパウダーとかでアイホールを色づけるだけで目もとが強調されるようになります。

小顔のメイク術は立体感が勝負ですので、ぜひ試してみてください。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 小顔に見える化粧法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪形で小顔に見せる

女性は美に対しては貪欲なものだと思います。
実際には小顔ではなくても、少しでも小顔に見せるために髪形やメイク、洋服などで工夫をして本当に小顔に見えるようになったりしています。工夫次第で小顔に見えるのであれば高いお金を出してエステにいかなくてもいいですよね。

ではここでは小顔に見えるための髪形のお話をしてみたいと思います。

小顔に見せるためにはまず自分の顔のことをよく知る必要があります。例えば骨格や筋肉の付き方、目や鼻や口の位置などしっかり把握しておく必要があります。

その上で自分が手軽にできる髪形をご紹介してみたいと思います。
小顔に見せることができる髪形はいくつかありますが、中でも簡単な髪形は耳を出さずにサイドの髪をおろすことです。
髪を耳にかけることで顔全体が露出してしまい、顔の輪郭がはっきりしてしまいます。
例えば丸顔の人やエラが張っている人の場合には頬の部分を髪の毛をおろして隠すことで顔がほっそりと見えるようになります。

逆に上記のように丸顔でなかったり、エラが張っていなかったりする人の場合には耳をだして髪の毛のボリュームを取り除いた方がすっきりするようです。

実は髪のボリュームを生かして顔の輪郭をシャープに見せることで小顔に見えるタイプと、髪の量が多くて頭でっかちに見えてしまうのでアップにして顔を出してしまって小顔効果が得られるタイプとで別れると思います。

ご自分はどっちのタイプかは実際に試してみて確かめてみることがいいと思いますのでぜひ試してみてください。


posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 髪型で小顔に見せる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔作りには頭皮とデコルテもマッサージをしよう

小顔に見えるために盲点となってしまうこと。それはデコルテのラインかもしれません。いくら顔が実際に痩せて小さくなっていても、デコルテの部分(首周りから肩にかけての線のこと)がスッキリしていなければ痩せて見えることは少ないと思います。

ですから、小顔を目指している人は首周りとデコルテの部分というのもマッサージをしていくように気をつけなければいけないと思います。

では何故デコルテ部分にこだわるのでしょうか?首の付け根部分にはリンパがたくさん集まっていて、老廃物とかが溜まりやすい場所になっています。老廃物が溜まってしまうとなんとなくむくむような感じになってきてすっきりしなくなってきます。そこでリンパの部分を刺激してあげて老廃物を流してあげることで血液の循環がよくなって代謝もあがるということになります。

また、頭皮というのは意識をして動かすことができない場所です。しかし意外と頭皮というのもコリが溜まっている場所で指を使って押してみると気持ちよかったりします。顔と頭皮というのは境目がなく、できれば顔と同じような扱いで扱って頂ければケアにもなると思います。

頭皮はちょっと力を入れてあげても大丈夫ですので、毎日できたらマッサージしてあげましょう。おでこのシワ予防にもなるしすっきりすること間違いなしだと思いますよ。

以上のような理由から、小顔マッサージをするためにはデコルテも頭皮も合わせて行うようにすると見た目もすっきり小顔に見えるようになる可能性が大きくなります。



posted by 美容の法則 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 小顔マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔マッサージは指を使って

小顔マッサージをするときに必要な道具というのは何なのでしょうか?それは指と手のひら!そう手があればいいのです。何も道具は必要ありません。指の中でも顔のコリを取るために抑えられやすい指を使えばいいので後は自分で探してみてください。

では、以下にどのように小顔マッサージを行ったらいいのか説明してみたいと思います。
【指の使い方】
1.まず手を洗いましょう。手を洗わずに最近がたくさんついている手ではにきびや炎症の元になってしまう可能性があります。

2.基本的に使う指は人差し指、中指、薬指の3本が使いやすいのでこれで大丈夫だと思います。

3.指を使うときには指先と指の腹を使います。このとき爪は立てないように気をつけましょう。

4.圧の入れ方ですが、痛気持ちいいところまでで充分です。

5.指先と指の腹を使って、ゆっくりつぼを押していきます。押したら5?8秒間位そのままでいてください。その後ゆっくり戻します。この動作を3?5セット位やるようにしましょう。

6.押す場所ですが顔のツボを押します。たくさんつぼがあるのですが、押して痛いと感じるようなところ、たとえば小鼻の脇から耳先までのラインとか美顔のつぼといわれているところなのでいいと思います。

【手のひらの使い方】
1.大体は指の使い方と同じなので衛生面、押し方に関しては省略します。

2.手のひらをそっと顔にあてて暖めるような感じで優しくマッサージするようにしましょう。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 小顔マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔マッサージについて

最近、田中久侑子さん・かずきれいこさん・佐伯チズさんなどが手掛けているマッサージに注目が集まっていますがもう試しましたか?

造顔マッサージや美顔マッサージなど小顔になる要素が多分に含まれたマッサージ方法が魅力的です。確かにDVDや本のようにやってみるのもいいと思うのですが人間はみんな骨格や筋肉の付き方にバラツキがあるために、ある人には効果があってもある人にはたるみの原因になってしまう可能性もあります。

何がいい悪いかはわかりませんが、いろんなマッサージ方法を見てみて自分がこれはいいと思ったものを選び、やってみてはいかがでしょうか。きっとフェイスラインがすっきりしてきて小顔効果が得られると思いますよ。

また大切なことは「毎日やらなきゃ」という義務感に駆られなくてもいいと言うことです。しかし継続は大切です。例えばエステのフェイシャルマッサージに行ったとしましょう。確かにマッサージしてもらったその日は効果が得られているのを実感すると思うのですが何日か経つと元に戻ります。顔も体も一時のものに対してはすぐに戻ってしまうという悲しい習性があります。ですから体がその形を忘れないように筋肉にも記憶させてあげることが大事なのです。ですから3日に1度でも構いません。継続しながらマッサージしてさらにリラックスもできたら最高に効果が得られると思います。

ぜひ続けてマッサージをやってみるようにしてはいかがでしょうか。憧れの小顔が手に入るかもしれませんよ。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 小顔マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔の条件とは

小顔と言うのは若い女性に限らずみんなが憧れますよね。そんな小顔の邪魔をしているのがフェイスラインです。このフェイスラインがたるんでしまうと台無しです。ではどうしてフェイスラインがたるんだりするのでしょうか?以下に原因となる事柄をご説明してみたいと思います。

たるみが出ると言うのは個人差がありますし、体質だと言う方ももちろんいますが、急にたるみが目立つようになったというのであれば原因はストレス、お酒、睡眠不足、不規則な生活や不規則な食生活などではないかと考えられます。
これらは要因となる事柄だと思うのですが、根本的なものはすべてが「代謝」ではないかと思います。代謝が低下した上に要因となるものが重なってしまいたるみに至ってしまっているといったところでしょうか。

また寝不足の場合には体がだるかったり、体の代謝が上がらないために冷えてしまっていたりする場合もあるし、肩や背中が凝っていると血が巡らないのか顔も凝ったりむくんだりたるんだりしているような感じが感じられる場合があると思います。

しかし、ここで諦めてはいけません。諦めたらいつまでたってもたるみ顔のままです。常日頃の行動を見直すだけで凝りやたるみを解消することができるのです。そうすると小顔も夢ではありません。
そのためには「身体の代謝機能を高める」「新陳代謝を上げるマッサージ」が有効的だと考えられます。

ちょっと意識して実践していくことできっと驚く変化がでてくるかもしれませんよ。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 小顔の条件とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔の敵「凝り」

最近自分の顔をマジマジと見ていることありますか?まだお肉は付いていないようだけどなんとなくぶくっとしているような気がしませんか?もししていたら要注意です。

もしかしたら顔が疲れているために起こること、顔が凝っているから起こることかも知れません。

顔が「凝る」と言うことはどういうことかと言うと、おでこに急にシワが出来てしまっている状態、笑うとなんとなくほほの肉が盛り上がって目がなくなる状態、目がパッチリと開いていない状態が主な状態だと思います。

自分は顔が凝っていないと感じている人でも目が疲れていたり、肩が凝っていたりしたら顔も凝っていると思っていいと思います。

また生活が不規則だったりしても顔が凝ってしまう可能性があるので、注意するようにしましょう。

小顔の天敵である顔の凝りを知らない人、感じていない人は大勢いると思います。体が疲れたな、なんとなく肩が凝っているなと思っても思ったままで放っておくと、すぐ顔まで凝ってしまうことになってしまいます。
また凝る原因はそれだけでなくストレスを感じたり、無表情であまり顔に表情を出さないようにしたりしている人も凝ってしまう場合があります。

原因は様々なので一概には言えませんが、放置したままにしておくと乳酸が溜まったり、リンパの流れが悪くなったりしてむくみなどの症状を引き起こしてしまいます。そうなると脂肪がつきやすくなってしまうために小顔からは遠くなってしまうということになるのです。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 小顔の敵「凝り」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔の大敵むくみ

なんとなく最近顔が太ってきたような気がするけど、特に体は太ったりしてきてないしなんなのだろ?と思う人がいるかもしれません。
もしかするとそれは「むくみ」と言うものかもしれません。

むくんでいると言うことがよく分からないと言う方はお酒を飲んだ次の日の自分の顔を思い出してみてください。きっと目にしたことはあるはずです。

たかがむくみなどと思わないでください。身体の新陳代謝が低下してしまうと皮下に要らない水分が貯まってしまいます。何も対処をせずにそのままにしてしまうと冷たくなり周りに脂肪が付きやすくなってしまうのです。だから、むくみは小顔を目指す人にとっては大敵と言うことになります。

ここでむくみの話をちょっとしてみたいと思います。
顔がむくんでしまうとまぶたがはれぼったくなってしまったり頬から下の辺りがプクッとしてしまったりしてなんとなく老けた印象を与えてしまいます。
またむくみの水分によりフェイスラインが重みで下がってしまいたるみの原因にもなってしまいます。

本当は汗をかいたり、トイレに行ったりして水分を排出することがむくみ解消になると思うのですが、最近の女性は水分を排出しないような生活形態になっていてままなりません。

こういう生活をしているとギリギリまでトイレを我慢してしまったり、汗をかかないようにクーラーなどで温度調節されているところなどにいすぎたりして、結石ができてしまうかもしれなくなります。
最初は小顔のために、結果的には身体のために身体の新陳代謝を良くするように心がけていくようにしましょう。

posted by 美容の法則 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 小顔の大敵むくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。